ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

読書感想

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

【タカのオススメ本26】ヒュウガ・ウイルスー5分後の世界2【村神龍】

こんばんは!たかです!


自粛生活のおかげで読書が捗っております


今日は村上龍さんのSF小説ヒュウガ・ウイルスをご紹介します!




歌さんがInstagramでブックカバーチャレンジされてて、その中で紹介され読みました


前作は何回か読んだことあったのですが、続編は気になっていたもののなかなか手をつけていませんでした


いいきっかけを作っていただけました


どんな話し?

副題に5分後の世界2とあるように、前作5分後の世界の続編です


続編といっても、前作の主人公は登場せず直接的な繋がりはありませんが、同じ世界の話しです


そもそも5分後の世界とは?という話なんですが、僕たちが住む日本とは5分ずれた平行世界が舞台になっております


5分後の世界ではは、第二次世界対戦で日本は降伏せず地下に潜り連合国と戦争を続けています


ヒュウガ・ウイルスは、主人公のアメリカ人のCNNの記者が、アンダーグラウンドという地下に潜った日本の軍隊と行動を共にしていきます


21世紀はこの小説で始まる。点状出血、内臓溶解、骨格筋の爆発的なケイレン。信じ難い致死率の出現ウイルスは何を象徴しているのか?ずれた時空の日本を襲う生存への最大の試練。世界人類が迎えた「最後の審判」を刻む衝撃のドキュメント。

感想

ウイルスがテーマになっている今作ですが、今の世の中だからこそ、とても心に響く作品のような気がします


専門用語がたくさんでてきて、正直理解できないところがたくさんあるのですが


ウイルスに悪意はない、という言葉がとても印象に残ってます


ウイルスがいるからこそ、生物は進化を可能にし今の世界を作り上げている


今回のコロナウイルスが終わっても、また新たなウイルスとの接触が将来起こる可能性は十分あり得ます


戦うのではなく、ウイルスとどう共存していくか


ヒュウガ・ウイルスを読みながらそんなことをふと思いました


ぜひ読んでみてください


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング





【タカのオススメ本25】流浪の月【凪良ゆう】

こんばんは!たかです!


今日はコチラの本をご紹介しまーす



今年の本屋大賞受賞作の『流浪の月』です


どんな話し?

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。
再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。


少女を誘拐した『加害者』である彼と、誘拐された『被害者』である彼女の2人の物語です


感想

一気読みしてしまいました!


主人公2人の関係がどうなっていくのか、ハラハラしたりもどかしくなったり


だけどそれは恋愛ではなく


なんというか人と人との繋がりというか


周りに理解されなくても、2人で生きていくことを決めていく2人の強さにすごく惹かれました!


真実と事実は違う


作中なんども出てくる言葉だけど、それがこの小説の真髄であるように思いました


読み進めるにつれ心が洗われる、そんな清々しさを味合わせてくれるお話です!


ぜひ読んでみてください


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



【タカのオススメ本24 】やり抜く人の9つの習慣

こんにちは!たかです!


久々のオススメ本です笑


去年は週1でレビュー書いていこうと思ってたんですが、途中で挫折してしまいました


今年は頑張ります


目標達成のための指南書

みなさんは自分がたてた目標をやり抜くことができますか!?


僕は最初は頑張るんですけど、いつの間にか途中で燃え尽きて挫折してしまうことが多いですorz


新年になって、今年の目標を立てる人も多いと思うのですが、そんな方には特におすすめの一冊です!


この本の著者はコロンビア大学の社会心理学者であるハイディ・グラント・ハルバーソンさんという方で、メンタリストDaiGoさんも帯で推薦されてました




if-thenプランニング

本書の中で繰り返し出てくる言葉がif-thenプランニングです


if-thenプランニングとは


『もし○○○○になったら××××する』


というように、事前にすべきことを具体的に決めて、自動的に行動ができるようにする計画のことです


例えば


(if)もし水曜8時になったら
(then)ラジオ体操をする


というふうに、目標のための行動計画を具体的に決めておきます


そうすると、自動的に行動をとりやすくなります


新年にオススメの一冊

この本は9章120ページ程で、厚みはないですが非常に簡潔かつ具体的にわかりやすく目標達成のための方法が書かれているので、とても読み易いです


今年1年をより充実させたい方には役立つ1冊だと思いますので、ぜひ読んでみてください


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



タカのオススメ本21 『人のために頑張りすぎて 疲れた時に読む本』


こんな人にオススメ


・こんなに人に尽くしてるのに感謝されない・・・
・毎日毎日、仕事で人に気を遣って疲れてしまう・・・
・良かれと思ってしているのに、空回りばかりで嫌になる・・・


そんな時に、読んでほしいのがこちらの本です!



著者の根本さんはカウンセラーとしてご活躍されてる方で、自己啓発本というよりカウンセリングを受けているような感覚になる本でした!



本の構成

この本は5つの章で構成されています。

1.「私ばっかり損している!」のは、「お察し力」のせい
2. 他人第一をやめて、自分をすり減らさない
3. 人のために頑張りすぎない「自分軸」構築ワーク
4. 自分の気持ちを優先できる伝え方
5. 「いま、とっても幸せ!」と気づく


自分軸と他人軸

この本の中で度々でてくる言葉が「自分軸」と「他人軸」。


お察し力上手の人は、相手の反応を基準にした「他人軸」で行動をしてしまっています。そうすると、気遣いしすぎて気疲れをしてしまいますし、相手の反応が期待通りにならなかった時落胆して相手を嫌いになってさえしまうこともあります。


自分の気持ちに正直に行動する「自分軸」を持つことで、気配り上手という長所を自分も疲弊せずに活かすことができるようになる、そのために自分の本音を知るための練習が必要になります。



本の中では、その具体的なワークがいくつか紹介されていました。


感謝の気持ちを手紙に

中でも僕が1番いいなと思ったのが、今まで出会ってきた人たちに感謝の手紙を書くというワークです。


送っても送らなくても良いそうで、ただ手紙に感謝の気持ちを書いてみます。


そうすると、自分がどれだけ人に愛されていたかだんだん実感できるようになるそうです。


普段されている親切なことって実はあんまり気づけないことが多いですが、こうして具体的に言葉に綴るとたくさん助けられているんだなとわかります。


僕も恥ずかしったのですが、ハヤトくんに手紙書いて渡したら、こんな風に思ってたんだって喜んでくれました


ぜひ恋人やパートナーに手紙を書いて、できれば読んでもらってください


与える喜び

人に喜んでもらいたくて親切にする、というのが多くの人の思いだと思います。


しかし、「私が〜してあげたんだから喜ぶべき」という見返りを求めてしまうと、それは「取引き」となってしまいます。



また、「私が我慢すればいいんだ・・・」となれば、それは「犠牲」になってしまいます。


相手の反応に関わらず、自分が行う行為そのものに喜びを感じ、自分がやりたい時にやる「自分軸」をもった行為をすることで自分も疲弊をしなくなります。本書ではそれを「与える」という言葉で表現されていました。


思い返すと、無意識に見返りを求めていたなと思います。


行為そのものに喜びを感じる。


ちょっとスピリチュアルにも感じますがw
それって大事なことですね。


もし、最近ちょっと疲れたな・・・と感じることがあればぜひこの本を読んでみてください!
きっと気持ちが楽になりますよ



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



タカのオススメ本 20 『ブロードキャスト  湊かなえ』


湊かなえさんの青春小説?

湊かなえさん、といえばいい意味で後味の悪い(矛盾してますねw)ミステリーが作風だと思うんですが、本書ブロードキャストは高校男子が主人公の青春小説です。湊かなえさんの書く青春小説、どんな話しなのかとワクワクしながら読ませていただきました


こんな人におすすめ!

  • 爽やかな青春小説が読みたいひと
  • 放送部に興味がある
  • 前向きになりたい人

あらすじ

中学の学生生活を陸上部の駅伝に注ぎ込んでいた町田圭祐は、同じ陸上部の駅伝のエース良太に鼓舞され、強豪校の私立青海学院を受験する。しかし、合格発表の帰り道交通事故に遭い陸上は続けられなくなってしまう。青海学院に入学したが、目標を失い気まずさから良太とも疎遠になる圭祐。そんなとき、同じ中学出身でラジオドラマの脚本家を目指す正也から声に"一耳ぼれ"され放送部に誘われる。圭祐は希望失いながらも新しい放送の世界に魅力され、正也とクラスで孤立している女子久米さんと放送部の先輩たちと共にJコンを目指しラジオドラマ作りを始めていく。


熱中している人はかっこいい!

運動部から文化部へと入った圭祐は、陸上ができなくなった絶望と葛藤しながら学生生活を送り始めます。なんせ、それを目標に受験勉強も頑張ってきたのですから、挫折感は計り知れないでしょう。でも、圭祐は勢いに任せてる感はありますが、放送という新しい世界にハマっていきます。
物事に熱中する姿勢は、中学時代の真剣に部活に打ち込んだ経験が培ったものと本人の気質のものだと思います。もともと、駅伝も短距離希望だったのに駅伝に選考されたことから始めています。圭祐は、きっかけはなんであれやっていることに真剣に取り組む性格のようです。

真剣に取り組み、反省と改善を繰り返すことは大人になって社会になっても必要になる姿勢です。
運動部であれ文化部であれアルバイトであれ、全力で打ち込んでいる人はかっこいい。自分自身もそうありたいし、自分の子どもにも(子どもがいたとしたら笑)なんでもいいから熱中して取り組めることを見つけて欲しいと思います!


挫折をどう乗り越えるか

誰しも少なかれ、挫折は経験しているものだと思います。
大事なのは、それをどう乗り越えるか。どんな選択をしてもいいと僕は思います。同じ道を続けてもいいし、別の世界に飛び込んでみてもいい。正しい正解などどこにもないのですから。
圭祐は、新しい世界へ飛び込み自分の居場所を見つけることができました。
でも、もしかしたらそこに楽しさを見出せなかったかもしれない。そしたら、また新しい世界を見つければいい。要は挫折を乗り越えるには、どんどん挑戦していくしかないのだと思うんです。
心が強い人って総じて、未来でも過去でもなく全力で現在を生きている人なんじゃないでしょうか?
そんな人になりたいものです( ̄ー ̄)


FullSizeRender






ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




ブロードキャスト
湊 かなえ
2018-08-23


ギャラリー
  • はーたんダイエット企画のご報告
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • またひとつ・・・
  • またひとつ・・・
  • はーたんのダイエット企画5日目
読者登録
LINE読者登録QRコード