ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

読書感想

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

中学聖日記 8話 感想

こんばんは!たかです!



なんか、んー、と共感できたりできなかったりの第8話でした(・ω・`)笑



一番のえ?ポイントは、聖ちゃんなんで言っちゃうの!?



そこは言わなくていい・・・てか言うべきじゃなかったような、、、



友近姐さんがせっかく紹介して入れた学校なのに、他の先生たちにもめっちゃ迷惑かけてるし汗



ちょっと腑に落ちなかったです(−_−;)




またもや黒岩くんと2人で乗り物のっちゃつやつw



あー、来週が気になる!



ついに結ばれてしまうのか!?



ワクワクです



あ、そういえば発表会に出てた男の子、母さんがどんなにの少年たいじ役の子でしたね!



吉田羊さんと合わせて2人もでてる!



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング




タカのオススメ本 9 花まみれの淑女たち

こんばんは!タカです!




今日のオススメ本はこちら!



花まみれの淑女たち






『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の歌川たいじさん著の『花まみれの淑女たち』です




漫画はブログ時代から読ませていただいていたのですが、小説は初めてでワクワクしながら読ませていただきました(^^)


悩み、迷い、彷徨える人たちへ


あらすじ

リーマンショックの煽りで30代にしてリストラにあい、就職活動もうまくいかず味気ない日々を送る主人公由佳。そんな、希望のない単調な日々を打ち破ったのは強烈なキャラクターだが、逞しく生きるおばあさん達だった。おばあさん達の婆ヂカラに励まされながら力強く成長していく由佳の1年の物語。



面白くて一気に読んでしまいました。先が気になる面白味もあるのですが、おばあさん達の経験からくる人生訓のような言葉をもっと聞きたい!という面白さもありました。


小説読むときって、多かれ少なかれ何か答えやヒントを探しながらみんな読んでいると思うんです。だから、落ち込んでいるときや悩んでいるときに読んだ小説の何気ない一文が希望や新しい道を示してくれることが多い。『花まみれの淑女たち』はまさに、人生のヒントが詰まった一冊でした。


いくつか僕が心打たれた名言をご紹介します!



以下ネタバレを含みますので、ご注意を!


心の芯にそっと沁みこんでくる数々の言葉たち


神様はなんだって取り上げることができる。子どもから命を取り上げることだってある。でも、神さまは私から何を取り上げたのだろう。・・・・・・・神さまは、この命は手元に残してくれた。失ったものは返ってこないけれど。失わずにすんだものもあるはずだって。この手に残ったものをちゃんと見なければってね。

多くの男を魅了し与える女性、レナラがオレオレ詐欺で財産を失い打ちひしがれる老女に対し自身がホームレスになったときの経験を語った際の言葉。


何がないのではなく、何を自分が持っているか。他者と比較したとき、ないものばかり目がいきがちですが、ほんとに大事なのは、自分が何をもっていてそれをどう活かすか、なんですよね。アドラー心理学に通ずるものを感じました。



奪えるだけ奪い尽くし、ほかのものを席巻してしまうような生き物を、自然は絶対に許さないのですよ。そうして絶滅していった種は、数え切れないほどあるんです。

ゲームが終われば、ゲーム盤もコマもサイコロも、そしてお金も、ぜんぶ箱に還る。そのとき、あなたには何が残っているのでしょう。


植物学の元教授E.T(目が大きいので由佳からそう揶揄されている)が、オレオレ詐欺集団のリーダー緒方を諭すときの言葉。


この小説の中で特にE.Tの言葉には、僕自身もたくさん悟されたように思います。E.Tは人を植物に例え道を示してくれるのですが、僕もぜひ例えてほしいです(笑)


爺ヂカラも負けてない!


女性だけではありません、おじいちゃんの言葉も力強かったです!


由佳がアルバイトをすることになったカフェのマスター。頼りないけどどこかほっとけない愛らしいキャラで小説の中で一番すきな人かもしれません♪


人生には手に入るものと、入らないものがある。手に入っても、入らなくても、どちらにしても意味はあるのさ。結局、求める人の手には、意味のあるなにかが与えられるんだ。だから求めりゃいい。いくら無謀だとわかっていても、求めりゃいいんだよ。


ハッとさせられた言葉です。結果で自分の衝動を判断している自分、いつからかそれが当たり前になったけど、落胆しない代わりに得たものはなんなんだろう。そう思ってしまいました。


日本の未来は暗くない!


おばあさんたちのパワーに満ち溢れた物語ですが、希望に満ち溢れた本でもありました。


超高齢社会というと、まるでそれが死刑宣告かのような響きがどこかあると思うんです。と、いうより僕自身そう感じている節がありました。ですが、おばあちゃんたちの逞しく元気に生きる姿をみて、超高齢社会はマイナスなことではなくプラスなことではないかと思うようになりました。


誰にも期待されないと、人の力は萎んでしまいます。それは、若者も年寄も同じですね。


こういう仕事をしていると、高齢者に対してどうしてもどこか『支えてあげいる』という気がでてくる。頭ではわかっていても、きっと無理だろうとか、どうせ、とかそういった気持ちがあって期待することができなくなる。でも、それはその人の力を封じているだけではないだろうか。優しさにみせかけた親切だったのではいだろうか。


以前勤めていた施設で、いつも申し訳なさそうにしているおばあさんがいた。「気にしないでいいんですよ」と、言ったけれどおばあさんが求めていたのはそういう言葉じゃなかった。いくつになっても役割は必要だ。他人事のように思ってしまうけど、いつかは誰もがみんなおじいちゃん、おばあちゃんになる。


自分の足でしゃんと立つ、笑顔のおばあさん達が増えていってくれるといい。それは、若者達の希望につながっていくだろう。歳をとっても、けっこう楽しくやっていけると。この先、この国になにが起きても希望さえあればやっていけるのだと思う。


果たして僕は、いま希望をもって生きていると言えるだろうか。大それたことをしなくてもいい。自分たちが、堂々と希望をもって生きている。そんな姿を見せることが次世代への希望に繋がっていくんだと思いました。


どの世代も面白く読める本です!ぜひご一読してください(^^)



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



花まみれの淑女たち
歌川 たいじ
KADOKAWA
2018-08-30


タカのオススメ本 6 モチベーション革命 尾原和啓

こんにちは!タカです!



今日はこちら本をご紹介します!







最近、落合陽一さんの本を読むことが多くて、その中で度々『これからはモチベーションの時代だ』と書かれてあり、モチベーションについて気になっていました。そんな時、kindle unlimited(月額制の読み放題のkindleのサービスのことです)に、モチベーション革命が追加されていました。前から、タイトルは知っていて気になっていたので早速読んでみました




どんな人にオススメ?

これから働き始める大学生や新社会人、今の会社の働き方に疑問を抱きながらも働いているという人には一つの指針を示してくれるかなと思います。また、現代の若者の気持ちは理解できない、という世代の方や、逆に昔の世代の言っていることはイマイチわからん、とい“イマ”の世代にもお互いのことを理解してどう協調していくかヒントを得るのにもいいと思います。




モチベーション革命とは?

著者の尾原和啓さんは、世界的なコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの元社員で、ドコモのiモードの立ち上げを支援された他、Googleや楽天の役員もされていました。現在は、バリ島に拠点を置いて活躍されているそうです。

モチベーション革命は、現代の“ゆとり”や“さとり”と呼ばれる世代『乾けない世代』と、上の世代の『乾いている』世代の時代背景の比較をし、『乾けない世代』のモチベーションについて解説しています。そして、これから『乾けない世代』が時代に求められ、組織としてどう取り込み、個人としていかに生きていくかが書かれています。AI時代の中で、どのような姿勢で生きていくべきかの方向性が示されていると思います。



感想

他人から感謝されて、お金をもらう

僕がこの本で一番印象的だったのが、
❝「他人から感謝されて、お金をもらえること」。これこそがどんな時代が来ても永遠に変わらない仕事のルールです。❞
という言葉です。
人が自分ではできないことをして、感謝されてお金をもらう。そういう視点でみるとこれからの看護師の役割はどう変わっていくのでしょうか。AIの台頭によって、看護師の業務は大幅に軽減していくと思います。HALのようなパワードスーツや自動運転の車いすが登場されれば肉体的な仕事は相当減ると思うし、インカムで会話から拾った情報に基づいて指示を出す、といった病棟業務をアシスタントするヒアラブル端末も開発されているということです。テクノロジーが業務の軽減をしてくれる代わりに、僕たちはテクノロジーでは補えない部分に特化していく必要があると思います。
では、その特化すべき部分とはどこなのでしょうか?それは、心の分野にあると思います。おそらく、AIが人の心を理解するにはまだしばらく時間がかかるのではないかと思います。患者さんの不安を汲み取り、軽減できるよう援助していくことにこれからは力を入れないといけないのかな、と思います。


5つの幸せ

幸せの形について5つの軸が紹介されていました。これはアメリカ人心理学者のマーティン・セリグマンさんが提唱された幸せの5つの軸です。即ち、1.達成、2.快楽、3.良好な人間関係、4.意味合い、5.没頭です。旧世代が1.と2.に重きを置いているのに対して、今の世代は3.4.5.を重視しているため、モチベーションに違いがあるとのことでした。たしかに、仕事をする上で「意味合い」=誰かに貢献できているか実感できることはモチベーションに大きな影響を与えていると思います。もちろん、労働に対して見合った報酬が支払われるのも勿論重要だと思うのですが、ただ与えられた仕事をこなすだけであればやりがいは感じられません。看護師は、人の役に立っていると実感できると感じやすい職業だと思うので、これからの時代にはぴったりなのかな?と思ったりもします(^^)


自立

もう1つ印象的だったのが、

❝自立とは、依存先を増やすこと❞
という言葉。
これからの時代、何か一つの仕事だけだとAIに仕事を代替されたとき何もできなくなってしまう。複数の職があることで、代替されても別の収入源を確保することができる、ということみたいです。メインエンジンの仕事を作って、サブエンジンの仕事をする。多趣味であることは大きな強みになるのだと思います。



まとめ

加速的にテクノロジーが飛躍し、どんどん世の中が変わり昨日の常識が今日は通用しなくなる世界で、僕たちは自分が好きと言えることをみつけ、ワークアズライフ(落合陽一さんの提唱した言葉。)として打ち込めることをみつけていかなくてはなりません。自分が好きといえることがない人には生きづらい社会になるかもしれない、という言葉は耳に痛かったです。没頭できること、正直僕はそんなにないですだからこそ、今やるべきことをやるしかないのかなと思います!先のことは誰にもわかりません。未来を論じたところですべては机上の空論です。モチベーション革命の中で強く生きる術を身に着けます



セクシャルマイノリティランキング


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村





タカのオススメ本 5 日本再興戦略 落合陽一

今日は落合陽一さんの日本再興戦略をご紹介します!








しかし、正直理解が追いついてないところもあってもう一度読み直そうと思っています



時代の最先端で研究している人なので、今のテクノロジーとこれからどうなっていくのかが、詳しく述べられています!



テクノロジーによって障碍者と健常者の区別もなくなっていく、そもそも多様性のある社会でマイノリティなんて概念すらなくなっていく。



これからはテクノロジーの発展に伴って加速度的に価値観もアップデートせざるを得なくなるんだと思います。



LGBTという言葉もそう遠くない未来に死後になるのではないかと、少し期待ももてました



こらからの時代、挑戦をしていく姿勢こそが生きていくうえで1番必要なスキルなのだと感じました










タカのオススメ本 4 五分後の世界 村上龍

こんにちは!たかです!



今日ご紹介するのは、大好きな村上龍さんのSF小説、五分後の世界です!





あらすじは
主人公の小田桐が、五分ずれもう1つの日本に迷いこんでしまうところから物語が始まります。その世界では、第二次世界大戦で日本は降伏せず7つの原子爆弾を投下され米国、中国、イギリス、ロシアに分割統治されるも、地下に潜り民族の誇りを守るためゲリラ戦を展開し戦い続けていました。小田桐は戦闘に巻き込まれるも、旧日本軍が母体の組織アンダーグラウンドの中枢にいる人物と会うことになり・・・
というものです。



以前ご紹介した、愛と幻想のファシズムもですが、村上龍さんの社会の空気に真っ向から抗う世界観がほんとにたまりません!




与えられた平和に意味はあるのか?



ただ、生きていればいいのか?



そんなことを問いかけてくる小説です。



ラストの小田桐の選択もつい納得してしまうでしょう。



ぜひご一読あれ!







ギャラリー
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • 特技は・・・
  • 嬉しいプレゼント
  • ショッキーン!
  • ショッキーン!
  • 心がポカポカする
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード