ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

読書

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

タカのオススメ本 10 介護士K



今日は現役医師作家の久坂部羊さんの新作、『介護士K』をご紹介します。



介護士K






あらすじ

大田区蒲田の有料老人ホームで転落事故が発生する。ルポライターの朝倉美和は事故に疑念をもち、以前取材した21歳の青年介護士小柳恭平を訝る。一見好青年の小柳だか朝倉の疑惑は消えず、立て続けに第2、第3の死亡事故が起こり・・・


以外ネタバレ含みますので、ご注意を!


絶えず問われる倫理観

物語はルポライター朝倉美和と、介護士小柳恭平の視点で進んでいきます。




高齢者の社会からの切り捨て、安楽死を否定したいが介護業界の実情を知り、自身の考えに自信を失いつつあるルポライター美和



高齢者の死の支援こそが慈悲であると信じるが、高齢者の大量虐殺を企てる過激な思想をもつ男に出会い迷いが生じてくる恭平



そんな2人の葛藤を描くことで、読者の頭も悩ませます。



直視したくない現実

恐らくこの小説は実際にあった2つの事件が元になっていると思います。



1つは川崎老人ホーム殺人事件



もう1つは相模原障害者施設殺傷事件



どちらも衝撃的な事件でした。



しかし、著者は悲惨の一言で終わらさず、裏に潜む介護業界の実態を読者に突きつけます。



介護は専門性も高く重労働ですが、待遇も未だ良くなく、介護士の社会的地位も仕事内容に比して決して高くありません。



離職率も高く、慢性的な人手不足で現場の介護士だけではサービスの低下を食い止めることはできません。



また、介護資源も有限なものなので、増える一方の高齢者に十分に分配できません。



そんな現状を今のままでいいと医師の黒原は恭平に囁きます。



優秀な人材を生産性のない介護業界に回したところでなにも生まない、それどころか国力を削いでしまう。高齢者自身にとっても不幸な延命などせずすっぱり命を断てるようにするべきだ、と。



黒原は“知的強靭さ”という言葉で、小柳を諭します



知的強靭ささえあれば、誰が非難しようと矜持をもって生きていける



高齢者の死を支援する小柳の支えとなる思想を吹き込みます。




黒原の言葉は一見甘言です。




非常に合理的で解を断言する姿は、魅力的です。



しかし、合理性のみを追求する社会の行く末には何があるのでしょう?



いずれは誰もが

介護問題は決して人ごとではありません。



自分の親や兄弟の介護が必要になるかもしれないし



自分自身もいつかは必ず老います。




安楽死は安易に決めていいことではないけど、議論はすべきだと思います。



24時間介護が必要というのは想像以上に過酷なことです。



介護経験者でないとわからない実情はたくさんあります。



自分のこととして考え、どうすればいいのか考え続ける必要があるのだと思います。



決して明るい話ではありませんが、考えるきっかけになる一冊だと思います。



介護士K
久坂部 羊
2018-11-29




ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング

読書は癒し

こんばんは!たかです!



自分の中で読書波がくる時期とこない時期がありまして、最近はまた波がきております



意外と暇なときより忙しい時のほうが、読書にのめり込みやすくなるようで



なぜかと考えると



やることがたくさんあるといい方法だったり考えを欲するので、自然と本を読みたいという気持ちになるのかなと、思います



今でこそ活字に親しんでますが、中学生くらいまでは本嫌いでした(^_^;)



そんな僕でしたが、13歳の頃、ある本と出会って本の面白さを知りました。



それは、ハリー・ポッターです



魔法の世界に引き込まれ、本がボロボロになるまで何度も何度も読みました



なので、僕にとってハリーは本の面白さを教えてくれた大恩人です



求めるものに与えてくれるのが本



今宵も読書を楽しみまーす✨




IMG_0668
↑今日発売のクリスマスツリーフラペチーノ飲んできました〜




ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング





タカのおススメ本 1

こんにちは!たかです!





最近やってなかった読書感想またやっていきたいと思います




今日ご紹介するのはこちら!









以前ご紹介した十二国記シリーズの小野不由美さんのホラー小説です。





あらすじ

"人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも…。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。"
「BOOK」データベースより





平穏な山間部の村が舞台で、登場人物の数はなんと150人以上!




名前決めるだけで疲れちゃいそうだけど、細かく人物設定されていて、さすが小野主上です





そして、ホラーなんだけど哲学。





正義と悪、終盤に近づくにつれ、誰が正義で誰が悪なのか分からなくなる。そんな不思議な感覚に陥ります。





全5巻1000ページ以上あり読み応え抜群です!






長編で面白い小説はないかしら?と、お探しのかたはぜひ手にとってみてください




p.s.


アメブロからライブドアに越されたという方のコメント誤って消してしまいました( ; ; )
せっかくコメントいただいたのにすみませんorz






ギャラリー
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • 特技は・・・
  • 嬉しいプレゼント
  • ショッキーン!
  • ショッキーン!
  • 心がポカポカする
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード