ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

看護

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

初めての学会  〜第20回日本褥瘡学会〜

こんにちは!たかです!



皆さまご無沙汰しております(><)



最近、仕事とプライベートとちょっとバタバタしておりまして中々ブログ更新出来ずにいました(・・;)



忙しいながらも僕もハヤトくんも元気にやってます(*^ω^*)



早いもので10月ももう中盤ですね



時が経つのめちゃくちゃ早く感じます(><)



先月のことなのですが、ハヤトくんに誘ってもらって褥瘡学会にいってきましたー!




IMG_20180928_121514_922




僕は初めての学会参加だったんですが、思ってた以上に楽しかったです!!!



最新の話だったり、いろんな病院や現場での取り組みの話が聞けて刺激的でした



新しい物や人に接するってそれだけでいろんな感動を与えてくれますよね



お互い興味ある講演や研究発表聞きに、別れて話聞いて情報交換してってできたので倍情報収集できたと思います!笑



夫夫で仕事の話ができるのってスゴいお得だなと思いました



たくさん聞いた発表の中で1番印象的だったのは、基礎医学と看護の融合?という壮大なテーマで研究されてる先生の研究発表で



高度過ぎてちんぷんかんぷんだったんですけど、ラット使って細胞レベルでケアの方法について検討しててカッコよかったです!



また、色んな学会行ってみたいと思いました



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング






看護の大学と専門の違い



こんにちはー!たかですー



今日はハヤトくんとディズニーランドにきておりますー(*´꒳`*)




ランドのことは、また夜のブログで上げますね*\(^o^)/*






今日は看護のことをちょっと語らせていただきます✨笑




ハヤトくんとぼくは同じ看護師という職業ですが、ぼくは4年制の大学出身、ハヤトくんは3年制の短大出身という違いがあります





資格は同じで、そこには何の差もありません。では、そこには何の差があるのか?





ハヤトくんに昔、大学って4年も行って何やるの?と聞かれたことがあります。






大学は専門学校に比べると余分に時間があります(中には4年制の専門学校もあります)






僕は大学の余分な時間は研究のためにあると考えています。





大学は教育という役割研究という役割を兼ねた機関です





だからこそ、看護の大学生は実習や国家試験の勉強はもちろんですが、そこにプラス研究を同じくらい力を入れて取り組まないといけないと思います





だけど、僕がいた大学ではあまり学生に研究をやらせていないように感じました





私立の大学は、学生獲得のために合格率を非常に意識しています





受験生はもとより多くの場合学費を支払う親御さん向けに、高い合格率を示せるほうが大学を選ぶインセンティブになるからです





だから、研究をやらせるより国家試験の勉強をやらせるほうがいいという理屈になります。





しかし、それではせっかく大学に入ったのに本末転倒です





もちろん、単位として卒業論文はありますが、ほとんどの学生が文献研究しかしていませんでした





ぼくはもともと心理学の大学を出ていて、特に研究に力を入れている大学だったので文献研究自体に違和感をもっていました





研究は、興味のある分野の論文を一通り目を通して、その中でまだ未知であることを探して、何を明らかにするか決めて、研究方法を考えて、データを集めて、結果を出して、考察して・・・という流れで介入していくのですが、文献研究だと論文に目を通してまとめるだけなので新しい発見がないんです研究の方法論としてはありますが、その先をやらないと意味はあまりないような・・・





研究の視点は実社会でもとても役に立ちます!





特に看護師は、これはエビデンスのあることなのか?と、意識する習慣ができます




また、研究の視点があるとこのやり方の方が効果があることを証明するには、こういうやり方でデータを集めて比較してこの統計手法を使って、と自然に考えれます。看護研究は多くの総合病院ではやっていると思うので、日頃からネタ探しができます笑





僕も大学4年生の頃は、分厚いファイルをもって構内を走り回ってましたw今考えるとすごくアナログ





でも、結果がでたときの喜びと研究が評価されたときの達成感は何物にも代え難かったです!






実は卒論を統計ソフトの会社が主催している賞に応募して審査員特別賞をいただきました(^^)







いろいろ語ってしまいましたが、何が言いたいかというと
実習と国試の狭間で大変かもしれないですが、大学の学生さんにはぜひ研究も頑張っていただきたいです(*0ω0从*)










AI時代の看護師

こんばんはー!タカです(*^ω^*)



最近書店にいくと、AI関連の本がいっぱい並んでいて、それほど社会的にも関心のある分野なんだ〜と思います。



医療業界でもAIを取り入れたテクノロジーが実用化されていて、診断まで行うに至っているようです。



看護師も勿論AIとは無縁ではなく、AIを活用して看護業務の効率化を図る試みもなされています。



長年の経験が必要だという方も中にはいらっしゃるでしょうが、ぼくはそんなことはないと思います。




先日亡くなった聖路加病院の日野原先生も以前読んだ本の中で、医療技術は特定の職種が独占するのではなく、一般の人も含めて広く普及することによって医療全体の質が上がっていくのではないかと述べられていました。



もし、AIの技術でベテランの人たちのスキルが新人にもスピーディーに継承されるようになればその分看護の質の向上につながっていくのではないかと思います。




業務に追われて患者さんと満足にコミュニケーションもとれなく、信頼関係を築けないと感じる看護師の方も多いと思います。




AIがより患者さん主体の医療、看護の一助になってくれればいいなと思います








ギャラリー
  • 猫好きは猫アレルギーが多い気がする
  • 猫好きは猫アレルギーが多い気がする
  • 猫好きは猫アレルギーが多い気がする
  • かっこいいと見ちゃうよねー
  • ハッピーハロウィン
  • ハッピーハロウィン
  • ハッピーハロウィン
  • ハッピーハロウィン
  • ハッピーハロウィン
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード