ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

村上龍

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

【タカのオススメ本26】ヒュウガ・ウイルスー5分後の世界2【村神龍】

こんばんは!たかです!


自粛生活のおかげで読書が捗っております


今日は村上龍さんのSF小説ヒュウガ・ウイルスをご紹介します!




歌さんがInstagramでブックカバーチャレンジされてて、その中で紹介され読みました


前作は何回か読んだことあったのですが、続編は気になっていたもののなかなか手をつけていませんでした


いいきっかけを作っていただけました


どんな話し?

副題に5分後の世界2とあるように、前作5分後の世界の続編です


続編といっても、前作の主人公は登場せず直接的な繋がりはありませんが、同じ世界の話しです


そもそも5分後の世界とは?という話なんですが、僕たちが住む日本とは5分ずれた平行世界が舞台になっております


5分後の世界ではは、第二次世界対戦で日本は降伏せず地下に潜り連合国と戦争を続けています


ヒュウガ・ウイルスは、主人公のアメリカ人のCNNの記者が、アンダーグラウンドという地下に潜った日本の軍隊と行動を共にしていきます


21世紀はこの小説で始まる。点状出血、内臓溶解、骨格筋の爆発的なケイレン。信じ難い致死率の出現ウイルスは何を象徴しているのか?ずれた時空の日本を襲う生存への最大の試練。世界人類が迎えた「最後の審判」を刻む衝撃のドキュメント。

感想

ウイルスがテーマになっている今作ですが、今の世の中だからこそ、とても心に響く作品のような気がします


専門用語がたくさんでてきて、正直理解できないところがたくさんあるのですが


ウイルスに悪意はない、という言葉がとても印象に残ってます


ウイルスがいるからこそ、生物は進化を可能にし今の世界を作り上げている


今回のコロナウイルスが終わっても、また新たなウイルスとの接触が将来起こる可能性は十分あり得ます


戦うのではなく、ウイルスとどう共存していくか


ヒュウガ・ウイルスを読みながらそんなことをふと思いました


ぜひ読んでみてください


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング





タカのオススメ本 4 五分後の世界 村上龍

こんにちは!たかです!



今日ご紹介するのは、大好きな村上龍さんのSF小説、五分後の世界です!





あらすじは
主人公の小田桐が、五分ずれもう1つの日本に迷いこんでしまうところから物語が始まります。その世界では、第二次世界大戦で日本は降伏せず7つの原子爆弾を投下され米国、中国、イギリス、ロシアに分割統治されるも、地下に潜り民族の誇りを守るためゲリラ戦を展開し戦い続けていました。小田桐は戦闘に巻き込まれるも、旧日本軍が母体の組織アンダーグラウンドの中枢にいる人物と会うことになり・・・
というものです。



以前ご紹介した、愛と幻想のファシズムもですが、村上龍さんの社会の空気に真っ向から抗う世界観がほんとにたまりません!




与えられた平和に意味はあるのか?



ただ、生きていればいいのか?



そんなことを問いかけてくる小説です。



ラストの小田桐の選択もつい納得してしまうでしょう。



ぜひご一読あれ!







ギャラリー
  • ネクストステージ!
  • 神さんぽ 〜玉前神社〜
  • 神さんぽ 〜玉前神社〜
  • 神さんぽ 〜玉前神社〜
  • 神さんぽ 〜玉前神社〜
  • 神さんぽ 〜玉前神社〜
  • 神さんぽ 〜芝大神宮〜
  • 神さんぽ 〜芝大神宮〜
  • 神さんぽ 〜芝大神宮〜
読者登録
LINE読者登録QRコード