ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

感染

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

もう、あの頃に戻れないのかな

はいさい。はーたんです。


ごめんなさい。いま、すごくセンチメンタルなんです



日々、感染者数や死亡数をニュースやスマホで見てかなりショックな状況だし
なんか、日々仕事の状況が変化してきたり、マスク不足で、まさかマスクを付けずに働くことになるとは1年前は考えられなかったし。


外出自粛要請でてるし、ディズニーも休園したし、半年前は考えられなかったな。

IMG_0539


今年もタカとディズニーいっぱい行けると思ってたからな。
もう、そんなこと言っている場合じゃない。

IMG_0542



最近、自分が看護師として改めて危険と隣り合わせの仕事をしてるんだと認識してしまう。



海外や国内でコロナウィルスに感染した看護師のニュースをみてすごく恐怖を感じました。


もし、タカが感染したらって考えたり自分が感染したらって考えると・・・


IMG_0541



だから、感染しないためにも外出はかなり制限してるし、手洗いや手指衛生には気を付けてます。



世界では急速に医療崩壊が起こりかけています。日本もいずれ医療崩壊する日が来るかもしれません。



自分だけなら外出していいやと思わず、外出を控えて手洗い、嗽をしてソーシャルディスタンスを守ってください。



現代の医療は100%命は救えません。

『熱が出たら病院にいけばいいや。』なんて考えないでください。ありふれた風邪とは違うんです。このウィルスは未知なウィルスです。ワクチンもまだありません。医療物資も不足している状態です。


あなた自身や大切な家族、パートナーを守るには感染しないことが1番です。


この状況を協力して乗り越えましょう。

IMG_0543


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング

感染拡大に伴いベッド数を増やすとか言ってるけど

はいさい!はーたんです!(╹◡╹)



昨夜、小池都知事から緊急記者会見がありました。僕は仕事だったのでリアルタイムでは観れなかったですが、ワイドショーでピックアップされてるのを観ました。


オーバーシュートやら首都閉鎖やら用語が飛び交い週末は外出自粛の要請が出ました。



ここからは僕の個人的な意見です・・・



海外でも日本でもそうですが、感染拡大の為に病院のベッド数を増やせとか、重症患者のために呼吸器を増やせとか言われてますが、ベッドを増やしても、呼吸器を増やしても、、、、




そもそも誰がその患者さんを看るんですか!?



あまり知られていませんが、世界中で慢性的に看護師は不足しています。




ベッドを増やしても患者さんは、ただ寝てるだけでなくて、検温したり、点滴をつないだり、吸引したり、ケアは沢山あります。呼吸器の機械がつながれてる患者さんにはある程度、熟練した看護師でないと看るのは難しいです。また、医療機器なので臨床工学技士のスタッフも必要になります。



ワイドショーとかで、ベッドを増やせとか簡単に言ってるけど、それを受け入れる医療職者のことまでは考えられてないなって思いました。




また、日本はこういうパンデミックへの対応の経験値は少なく感染予防対策の実践について熟達したスタッフは一握りしかいないと思います。なので、ニュースでも院内感染した病院がちらほら出ているんだと思います。



日本に限らず数年前に流行したSARS(重症急性呼吸器疾患)のときも、医療職者が感染防護服の着脱に慣れておらず多くの医療職者が感染した事例もありました。



自粛疲れで少し緩和ムードになった日本だと今後ますます感染者数が増加するんじゃないかな。



病床数を増やしても見えない医療崩壊は静かに起こっていると思う。
普段でさえ急性期病院は満床ギリギリの水準なのに加えてコロナウイルス対策の病床を開けるのは現実的に難しいよね。



って思った話でした。




みなさんもストレスを溜めずにお家で過ごしましょうね!



よかったらこちらも観て頂けたら幸いです。





ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング


感染列島
藤竜也
2017-06-16







僕が体験した集団感染の恐怖

はいさい!はーたんです!(╹◡╹)


誕生日の温かいコメントありがとうございますとっても嬉しかったです。


今年はCOVID-19の感染拡大があるので2人で細やかに過ごしました



さてさて、僕が体験した集団感染のお話です。僕が感染したわけではなく、数年前の話になりますが、以前の職場で3月に病棟異動があり、4月に新人の入職者と一緒に歓迎会をしました。しかし、僕は当日夜勤でした。
と、言うのも3月に大勢辞める人や異動する人が出た部署で、新人で補おうとしていたので夜勤ができる人が限られていて、当時の師長からは『新人さん優先でごめんなさいね。』って言われました。
現状が現状だけに納得せざる得なかったんですね。






まぁ、夜勤は主任さんと僕と後輩スタッフとしてましたが・・・





事件は夜勤明けで起きました










師長を含めたスタッフが誰も出勤してこなかったんです









不審に思いましたが、こっちも朝の病棟は戦場のようにナースコールやら採血やらオペ出しやらあるので気にしてらんなかったですが、けたたましく外線電話が鳴りました。






師長さんからでした。『もしもし、○○だけど、嘔吐と下痢で今日は出勤できない。主任の○○に代わってくれる?』と電話がありました。





直ぐに主任に代わりましたが、電話の後に主任が頭を抱えてました。




その後も次々とスタッフから外線で休むと連絡がきました



主任が真っ青な顔で『これヤバくない?どうすんの?今日の勤務。無理だわ。応援を頼むしかないね。』と言いました。



主任は直ぐに看護部に連絡をして理由を話しました。




他の病棟からすぐに応援ナースが来て、なんとかその日は乗り越えました。現状復帰までに1週間くらいかかりましたそれまで、動けるスタッフは休み返上で働いてました笑笑
(まだブラック企業とかコンプラとか言われる前の時代の話です今考えるとすごい時代だったなと思います
保健所の人がきて検査したり、他の病棟からは白い目でみられてました笑笑




幸い、患者さんには影響はありませんでした



まぁ、何故こんな事態になったかと言うと原因は歓迎会を開催した飲食店でした。




病院の近くで僕も何度か行ったことのある鳥料理が自慢のお店でした。すごく美味しくてリーズナブルな値段で店員さんの対応も良かったんですが、歓迎会で出された料理の中に『鳥刺し』があったみたいで、それが原因でカンピロバクターの食中毒が発生しました




きっと新人のスタッフは忘れられない歓迎会になったと思います




それから、病棟では歓迎会では生物禁止になりました




細菌やウイルスって目に見えないから怖いですよね
感染に詳しい先輩からは『お前はプロのナースなんだから無暗に恐れず正しく恐れろ!』とよく喝を入れられてました笑笑



仲の良い栄養士さんは一緒にご飯に行っても、鳥刺しはもちろん、牡蠣や生のイカやエビを食べないんです。栄養士さん曰く『患者さんにご飯を作る側の人が調理場にウイルスなんか持ち込めないでしょー。患者さんには安全なご飯を食べてもらいたいからね。』と言ってました。栄養士さんは日々、気を使ってちゃんと食事を考えてプロだと感じました







僕は鳥刺しは食べたことが無いんですが、鳥刺しって美味しいんですかねあまり、鶏肉を生で食べたいって思ったことがなくて。

今は牛肉ユッケとかレバ刺しとか提供されるお店が少なくなりましたよね。



肉はちゃんと火を通さないとダメですね



ウイルスや細菌の予防対策として
①付けない②増やさない③持ち込まない

があります。



みなさんも生物を食べるときは注意してください





それでは


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



ギャラリー
  • はーたんダイエット企画のご報告
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • 【ゲイ夫夫のグルメライフ】ミスド新作 もちクリーム
  • またひとつ・・・
  • またひとつ・・・
  • はーたんのダイエット企画5日目
読者登録
LINE読者登録QRコード