ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

悲しい

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

あの日の僕にさようなら~その②

はいさーい!はーたんです!



はーたん実はディズニーランドが少し怖いんですwwwディズニーシーは大丈夫です。



あんなにタカとディズニーに行ってるのに何を言ってるんだと思うじゃないですか?




タカによくランドに行くと『いつもより歩くの早くない?』って言われ『ディズニーくるとワクワクするからね!』と答えていましたが、過去に体験したあるできごとがきっかけなのです。






実は3才のときに、家族でディズニーランドに初めて行ったとき、赤いミッキーの形をした風船をはーたんは欲しくて、母が買ってくれたんです!それがすごく嬉しかったんですが、風船を受けとり振り向くと家族の姿がありませんでした!!




3才のはーたんは焦って辺りを探しましたが人が多く見つけられず、その場で泣いてしまいました。持っていた赤いミッキーの風船も離してしまい途方にくれました。


その時は家族に捨てられたと思いましたw


その後にディズニーの迷子センターの人に保護され、家族が迎えに来るのを待っていましたが全然来ず、不安に駆られていました。

迷子センターには、はーたんの他に後から2人の迷子が保護されましたが、他の2人は早く親が迎えに来てはーたんが最後まで取り残されました。



結局、父が迎えに来てくれましたが勝手に離れたこと(勝手には離れてない)、風船を無くしたことに対してすごく怒られました。泣




それ以来、ディズニーにくると少し早足で歩くようになりました。(自分では自覚ないんですが)


あと、人を待つのが苦手になりましたwww来ないんじゃないかとガチで不安になるので辛くなります。


タカや友だちには待ち合わせするときに『俺は沖縄時間だから少し遅れるねー笑』とか言って少し時間に遅れて行きますが(←迷惑なやつw)ほんとは不安になるので待てないだけです。



だから、自分の子どもとディズニーに行くときは絶対に手を離さないで行こうと思います!!



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



カステラに込めた想い~小さな島の商店の夫婦のおはなし~

はいさーい!はーたんです!(^-^)/



今日は雨で朝から寒かったですねー。




午前中に母から電話があり世間話をしてました。




はーたんはちょうどカステラを食べながら母と話していたため、母に『あんた、なに食べてんのよ!?』と言われ、『カステラだよ。』と言いました。




母『あんた昔からカステラ好きだったよね。覚えてる?沖縄のマーマーが作ったカステラを半分食べて怒られたの。笑』




母は笑いながら話していましたが、当時、怒ったのは母でありカステラ半分とは、カステラ一本を半分食べながら家に帰ったからです。


沖縄では何故か名前の語尾を伸ばして呼ぶ。
お兄さんならにぃーにぃー。お姉さんならねぇーねぇー。と呼びます。



沖縄のマーマーと呼んでいる人は、沖縄のお母さん的存在の人だからマーマーといつしか呼んでいます。マーマーの旦那さんは、パーパーと呼んでいます。



マーマーとパーパーは沖縄の離島で商店を営んでました。



はーたんが小さい頃は、コンビにもなくスーパーもありませんでした。唯一、島で買い物が出来るのはマーマーのお店だけでした。



マーマーはいつも明るくはつらつとした人で、年齢のわりに長い綺麗な黒髪をしていました。




パーパーは、色黒でいつも白い肌着のタンクトップ着ていて明るく快活な人です。





二人は50代くらいでしたが、小さい頃のはーたんからみても仲睦まじい夫婦でした。



マーマーは料理上手でサーターアンダーギやちんぴんと言った沖縄のお菓子を作って店頭にも売ってました。



中でもはーたんが大好きだったのはカステラです。マーマーが作るカステラはフカフカで卵をたっぷり使っているので黄色がつよく、なんといっても、カステラの下の方に溶けきらなかったザラメが残っており、上はふわふわで下はザラメのザクザク感が大好きでした。




マーマーとパーパーには子どもがいませんでした。




母から聞いた話では、『マーマーとパーパーはあんたを可愛がっていたね。お兄ちゃんにはお菓子とかくれなかったけど、あんたには、お菓子やアイスをいつもくれていたよねー。』




よくおばぁと買い物に来ていた、はーたんはマーマーとおばぁがよく店先で話し込んでいる間は店内を探検するか、店の奥のマーマーとパーパーの家でよく、お菓子をごちそうになっていた。ときどき、お泊まりもしていた。





マーマーは料理上手で、お泊まりのときはいつもご馳走を作ってくれた。よくパーパーから『やっぱり食べてる姿がいいなー。さぁ、いっぱい食べなさい。』とご飯を勧めてくれた。




当時のはーたんはぽっちゃり体型でよく兄や従兄弟のお兄ちゃんからバカにされていたけど、マーマーとパーパーだけはぽっちゃりなはーたんでも優しくしてくれたから大好きでした。




いつもお泊まりしておばぁの家に帰るときにマーマーがカステラを焼いてお土産に持たせてくれました。



そのお土産のカステラを半分食べたのを母に見つかり、はーたんは夕食抜きの罰を受けました。





しかし、ある夕方に事件は起こりました。




母とマーマーたちの商店に天ぷら粉を買いに行ったときに、店内が荒れてました。母とビックリして店に入るとマーマーとパーパーの怒鳴り合う声が聞こえ、家の方に向かうとパーパーがマーマーを叩いている姿を目にしました。



マーマーは泣いていました。母はとっさに止めに入り、母が『子どもが見てるでしょ!やめなさい!!』と言って二人がはーたんの方を見て喧嘩はピタリと止まりました。



母がおばぁを電話で呼びました。母に『あんなたは、パーパーを2階の寝室に連れていって寝かしつけてきて!お酒があっても飲ませちゃダメだからね!』とマジ顔の母に言われて、『パーパーもう寝よう。2階に上がろう。』と言うとしょんぼりしたパーパーと2階にあがりました。パーパーの息は酒臭く、一刻も早くその場から逃げたかったです。


しかし、パーパーに『はーたん、一緒に寝るぞ。』と言われ、断ったらまた、暴れそうだったので、はーたんは『うん』と言ってパーパーの布団で酒臭さを我慢して一緒に寝ました。



次の朝、起きたらパーパーは畑に行っていませんでした。マーマーは朝ごはんを作ってくれていましたが、顔は少し腫れていたと思います。明るく見える顔には少し悲しさが滲み出てました。




帰り際にマーマーから『昨日はパーパーを止めてくれてありがとう。カステラとこれ少しだけどお小遣いだからもらってね。』と優しい声でした。



おばぁの家に帰ってから、昨日、母に置いていかれたこと、夕飯がえびの天ぷらだったことを母に怒りました。
母に『なんでパーパーはマーマーを叩いていたの?』と聞きました。母は『知らなくていいの。でも、パーパーが酔っぱらってたらあんたはマーマーを守るんだよ。』と言われました。




あんなに仲良しな夫婦だったのに。喧嘩するなんてはーたんはショックでした。


なにより、いつも優しいパーパーが女の人に暴力を振るうのが本当に悲しかったです。





その後、マーマーは乳ガンになり闘病しましたがはーたんが成人する前になくなりました。パーパーもその3年後になくなりました。いまは、二人が営んでいた商店はなくなり知らない人が家を建てて住んでいます。




パーパーのお葬式の帰り母から聞いた話ですが、マーマーとパーパーには子どもが授からなかったそうです。
パーパーは子どもがすごくほしかったみたいでした。その悲しさからかパーパーはお酒に溺れるようになり、飲み過ぎると酒乱になりよく、マーマーに暴力をふるっていたそうです。酔っぱらうと『子どもができないのはお前のせいだ!』とマーマー怒鳴るそうです。



母『だから、ときどき、あんたをお泊まりさせてパーパーがお酒を飲まないようにしていたの。あんたが来るときパーパーお酒なんか飲んでいなかったでしょ?』と言われ、母の企みって怖いなって思いました。



カステラを食べるときはいつもマーマーの優しい声とパーパーの笑顔が蘇ります。





今は天国で二人が仲良くしていたら嬉しいです。




それでは



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



あんたなんか産まなきゃ良かった。ってはなし。~あの日の僕にさようなら~その①

はいさーい!はーたんです!(^-^)/


タイトルがインパクトありすぎてごめんなさい。



 この前の歌川たいじさん原作の映画
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を観て蘇った記憶がありました。





今では笑い話なんで軽く流して読んでくださいね!



はーたんも実は母親に『あんたなんか産まなきゃ良かった。』って言われたことがありました。




それは、昨年、自分がゲイだとカミングアウトしたときです。





勇気を出してカミングアウトしたんですが、母からは『それ(同性愛)って病気でしょ?』と言われ、ちゃんと説明しても理解してもらえず、最終的に『あんたがゲイでもお母さんはいいよ。でも、結婚式をするのは反対だからね。なんで、そんなことするの?他人には黙っておきなさい。 』と言われました。




はーたんも耐えかねて、母にキレてしまい口喧嘩になり、母から『あんたなんか産まなきゃ良かった。』って言われ、はーたんも『産むんだったらこんな中途半端に産むんじゃないわよ!』って台詞を吐き捨て泣いて実家を出ました。それからは母と半年以上は音信不通になりました。









今では関係も修復し仲の良い親子に戻りました。今でははーたんとタカを世界で1番大切に思っていると電話で話してました。人は変わるもんだとつくづく思いました。苦笑




あの日の僕にさようなら~のタイトルがあるブログは、はーたんのちょっぴりカオスな過去の話を綴っていきます。www



明日は、歌川たいじさんの舞台挨拶にタカと行ってきます!楽しみ!




ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



ギャラリー
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • 特技は・・・
  • 嬉しいプレゼント
  • ショッキーン!
  • ショッキーン!
  • 心がポカポカする
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード