ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

子ども

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

思わず『あっ!』と二人で言ってしまった。ドラマシーン

はいさい!はーたんです!(^-^)/




Netfilixでやっている面白くて怖さがクセになる海外ドラマ『アメリカンホラーストーリー』なんですが、少しグロテスクなシーンもあり一人で見るのが怖いのでタカといつも二人で観ています


sketch-1554438497934






出演してる女優さんの演技力がすごくて見入ってますw



19-04-05-13-40-22-346_deco

サラ・ポールソンさんです!僕たちが大好きな女優さんです。



ドラマ シーズン7ではビアンカップルの女性を演じています。

彼女自身もビアンを公言しています。



ドラマの中では、パートナーの女性と男の子と暮らしてる設定です。



海外ドラマでは普通にLGBTの家族が描かれていていいなーとか思いつつ観ていたんですが・・・




演技の流れで男の子が『こっちのママは嫌。あっちのママがいい。』と言って抱っこをせがむシーンがあり、それを観ていて二人で『あっ!』って驚いちゃいましたwww




タカと『もし、自分の子どもにあんなこと言われたらどうする?地味に傷つくよね。』って話になりました。



他のシーンでも、男の子がペットを飼いたいとお願いしますが、『ペットは飼わない決まりでしょ。さよならできるわよね?』と優しくママが諭すと、男の子は『ママとさよならできたらいいのに。』と言っているシーンでも二人して地味に傷つきましたw




子どもって正直だからリアルに言われたらショックだなー(。>д<)





でも、男女カップルでも『パパよりママがいいー』とか言ってたりするから仕方ないのかな





子どもの言動を気にする前に子どもを授かる方が先だねー。とタカと笑い話になりました。



ドラマが気になるひとはぜひ、見てくださいね!(^-^)/楽しい週末をお過ごしください!



それでは

ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング


『児童虐待を防ぐには』  〜講演会感想〜 ①



こんばんは!はーたんです!


先日、児童虐待防止についての講演会に行ってきました。



歌川たいじさんの『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を観てから、児童虐待の問題についてもっと知りたいと思い、2人でセミナーや講演を探していたところ歌川さんがご本人が出られる講演会をみつけ、即参加申し込みしました!




IMG_1241




ハヤトくんは小児科の看護師として、前々から虐待の問題に関心があり、僕も心理学生の時、虐待を受けた子どもに関わる活動をしていたので、勉強をしたいと思っていました。



平日の夜でしたが、120名もの方が参加されたそうで、大きな会場でしたが大盛況でした。



逆境力

歌川さんからは、当事者の1人としてユーモアを混じえながらも、虐待を受ける子どもがどのような気持ちで、どのような苦しみを感じているかをお話していただけました。



家庭の中で暴力をふるわれた子どもは抵抗できない。逃げることもできない。暴力をふるう親を嫌いになることもできない。親を嫌いになるぐらいなら、自分を嫌いになることを選んで生きのびようとする。



子どもは、1人で生きていけません。どんなに辛い環境でも親の元を離れることはできません。追い詰められた子どもはどんどん歪んだ自己認知を形成していくのだと思います。子どもは親を嫌いになれません。親を嫌いになる代わりに自分を嫌いになるのです。


虐待やいじめをする人の心の動きは同じ。

1.自分を正当化する。
2.周囲に働きかけ、さらに正当化する。
3.ターゲットを洗脳する。

人は圧力をかけられると、簡単に洗脳されます。
夢や希望など自分とは無関係だと感じるようになるそうです。



歌川さんはばあちゃんやかけがえのない友人と出会い逆境を克服しました。
辛くても、無条件で受け入れてくれる存在ってほんとにありがたいし素敵だなって思いました。



人って追い詰められるほど、針の鎧を身に着けるみたいに自分を守るために、相手を傷つけることがあります。一度身に着けた針の鎧は簡単に脱ぐことはできません。なぜならば、本当の自分をさらけ出して、また裏切られるんじゃないか。嫌われるんじゃないか。だったら、最初から期待なんかしないでおこうと言う、思考回路になります。



それは夢や希望と自分は無関係だと感じる果ての洗脳だと思いました。



②に続きます。



--------------------------------------------------------------------------



講演後、またまた一緒に写真を撮っていただけましたー(≧▽≦)



ほんとに優しいお方です(´;ω;`)




FullSizeRender



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング






親愛なるまだ見ぬ君へ~未来のパパたちより~

親愛なるまだ見ぬ君へ


産まれてきておめでとう!!
君と会える瞬間をずっとパパたちは待ち焦がれていたよ。

君を肌で感じるとき、君の鼓動を感じると、きっとパパたちは嬉しくて泣いてしまうよ。




君にはパパが二人いるんだ。


料理が好きで少し口うるさいパパと、努力家で一生懸命なパパとこれからは暮らしていくよ。






君はお腹すいたとき、うんちをして気持ち悪いとき、だっこして欲しいとき、眠くてぐずるとき、たくさん泣いてパパたちを困らせるかもしれない。だけど、パパたちは一生懸命君をお世話するよ。ミルクを飲んで満足して寝る君の顔をみると、きっとパパたちの疲れも吹っ飛んじゃうんだ。






君が不安定に歩く姿をみてパパたちは転ばないかヒヤヒヤするだろう。だけど、好奇心旺盛な君は外の世界を見るために歩き続けていくんだ。



でも、忘れないで。君の隣にはいつもパパたちが手をつないで歩いているよ。





いつか君は不思議に思うかもしれない。
“なぜ、うちはパパが二人なの?ママはどこにいるの?”って。
パパたちは君に伝えるよ。
“君はパパたちが愛してできたんだよ。一緒に暮らすママはいないけど、君には君を愛してるパパが二人いるんだよ。でも、君を産んでくれたママがいるのは忘れないでね。”



君はこれから人の何倍も辛い思いをするかも知れない。けどね、パパたちは君を何倍も何十倍も何百倍も幸せにするからね。
そして、君はたくさんの人を幸せにできる人になるんだ。
産まれてくるその時をパパたちはずっと待ってるよ。




                                君を愛してるパパたちより。



sketch-1525516020933








タンタンタンゴはパパふたり
ジャスティン リチャードソン




こどもの日に想うこと

はいさーい!はーたんです!!




今日はこどもの日ですね(^-^)/みなさんGW楽しんでますかぁー!?







はーたんは、仕事終わりに実家でゴロゴロしてましたー(*^^*)やっぱり、たまの実家はいいもんですねー!!





こどもの日には美味しい柏餅を食べたいですねー。みなさんは、つぶ餡派ですか?こし餡派ですか?



はーたんは、こし餡派ですーwww








さてさて、今日のお話は『こども』の話です。





以前にも話しましたが、はーたんはタカといつか子どもを授かり、育てていきたいです。






海外ではビアンママやゲイファーザーは認知されつつありますが、日本ではまだまだ認知どころか、理解も厳しいものがあります。





ネット上では『同性愛者が子ども持つことはエゴだ。子どもがいじめの対象になる。ゲイの子どもは不幸になる。』批判めいたことが書かれていますw





はーたんからすれば、じゃあ男女カップルの子どもは全員が幸せなの?いじめられてないの?虐待してないの?トイレに産み捨てしてないの?
って思います。






映画『チョコレートドーナッツ』って知ってますか?



はーたんは、この映画みてとても感動しました。





            家族って何か?愛情って何か?





とても考えさせられる映画です。良かったら1度みてください。





はーたんが尊敬してる先輩ナースに子どもを持つことに悩んで相談したことがあります。




先輩からは、『好きな人の子どもを授かりたいとか、育てたいって普通のことだと思うし2人が望んでいるならステキだと思う。』と言ってもらい、そこから悩まなくなりました。





子どもを育てることで大切なのは、男女の親がいることですか?






違います。
子育てで大切なのは、安全に暮らせる場所、温かいご飯が食べれること、清潔な衣服をきれること。が基本だと思います。





こどもに1番大事なのは『愛情いっぱいに微笑んであげること』が大切だと思います。







その人が幸せかどうかは、本人が決めること。他人が、可哀想。不幸なこども。って決めつけるのは違うと思います。







きっと、はーたんとタカの子どもが生まれたら、人より何倍も辛い思いをするかもしれない。だけど、パパたちが愛情を注いで何倍も何十倍も何百倍も幸せにするからね。生まれてくるその時をずっと待ってるよ。






sketch-1521606322353





それでは








タンタンタンゴはパパふたり
ジャスティン リチャードソン




ギャラリー
  • はーたん's キッチン~カボチャのプリンケーキ~
  • はーたん's キッチン~レンコン肉団子入りシチュー~
  • 体調崩れちゃいました。。。
  • 体調崩れちゃいました。。。
  • はーたんのダイエット日記~7日目~
  • はーたんのダイエット日記~7日目~
  • はーたん's キッチン~おでん de ダイエット~
  • はーたんのダイエット日記~3日目~
  • はーたんのダイエット日記~3日目~
読者登録
LINE読者登録QRコード