ゲイです。ナースです。夫夫です。

同性カップル(夫夫)の日常のブログです。

ゲイ

2018.4.14結婚式を挙げた同性カップルです。
アメーバブログからライブドアブログに移行しました。
アメブロでご覧いただいていたかも、初めての方もどうぞ宜しくお願いします。

はーたんの今年の漢字!

はいさーい!はーたんです!(^-^)/





いやー。どんどん寒くなってきましたね。



今年の漢字が発表されましたね!(о´∀`о)




           今年の漢字は『災』でした。




今年は災害が多い年になりました。西日本豪雨災害や北海道の地震など各地で災害にみまわれました。被災された方々のご冥福と復興を御祈り申し上げます。





             はーたんの今年の漢字は



                              『縁』です。



 えん・えにしです。今年はタカと同性結婚式を挙げることができました。また、こどまっぷやブログを通じて、たくさんの方と縁を結ぶことができました。





この縁が綻ぶことが無いように縁の糸を紡いでタカと来年も歩んでいけたらと思っています。



こんな若輩者の二人ですが来年もよろしくお願いいたします。





                                                ☆はーたんより☆



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング


ショッキーン!

この前の土曜日お休み被ったので、ランドにいったのですが



その日は年パの入場規制日orz



入場規制があることをすっかり忘れていました( ;  ; )



ショックー



忘れていたぼくたちが悪いのですが



気を取り直してお買い物して帰りました



エッグスシングスのクリスマスパンケーキ食べれたし、ディズニーは行けなかったけど満足



楽しい一日でした



FullSizeRender




FullSizeRender




ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング




朝の乱れ

こんばんは!たかです!



この前お仕事で東西線使ったのですが



人身事故と踏切の故障でダイヤが大幅に乱れてカオスなことになっていました( ;  ; )



時間は間に合ったのですが、ヒヤヒヤしました



仕方ないけど、焦りますよね( ;  ; )



自動運転が普及して、昔は電車のラッシュなんてものがあったんだよ、って昔話になる日がくるといいな



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング




あの日の僕にさようなら~その②

はいさーい!はーたんです!



はーたん実はディズニーランドが少し怖いんですwwwディズニーシーは大丈夫です。



あんなにタカとディズニーに行ってるのに何を言ってるんだと思うじゃないですか?




タカによくランドに行くと『いつもより歩くの早くない?』って言われ『ディズニーくるとワクワクするからね!』と答えていましたが、過去に体験したあるできごとがきっかけなのです。






実は3才のときに、家族でディズニーランドに初めて行ったとき、赤いミッキーの形をした風船をはーたんは欲しくて、母が買ってくれたんです!それがすごく嬉しかったんですが、風船を受けとり振り向くと家族の姿がありませんでした!!




3才のはーたんは焦って辺りを探しましたが人が多く見つけられず、その場で泣いてしまいました。持っていた赤いミッキーの風船も離してしまい途方にくれました。


その時は家族に捨てられたと思いましたw


その後にディズニーの迷子センターの人に保護され、家族が迎えに来るのを待っていましたが全然来ず、不安に駆られていました。

迷子センターには、はーたんの他に後から2人の迷子が保護されましたが、他の2人は早く親が迎えに来てはーたんが最後まで取り残されました。



結局、父が迎えに来てくれましたが勝手に離れたこと(勝手には離れてない)、風船を無くしたことに対してすごく怒られました。泣




それ以来、ディズニーにくると少し早足で歩くようになりました。(自分では自覚ないんですが)


あと、人を待つのが苦手になりましたwww来ないんじゃないかとガチで不安になるので辛くなります。


タカや友だちには待ち合わせするときに『俺は沖縄時間だから少し遅れるねー笑』とか言って少し時間に遅れて行きますが(←迷惑なやつw)ほんとは不安になるので待てないだけです。



だから、自分の子どもとディズニーに行くときは絶対に手を離さないで行こうと思います!!



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング



タカのオススメ本 10 介護士K



今日は現役医師作家の久坂部羊さんの新作、『介護士K』をご紹介します。



介護士K






あらすじ

大田区蒲田の有料老人ホームで転落事故が発生する。ルポライターの朝倉美和は事故に疑念をもち、以前取材した21歳の青年介護士小柳恭平を訝る。一見好青年の小柳だか朝倉の疑惑は消えず、立て続けに第2、第3の死亡事故が起こり・・・


以外ネタバレ含みますので、ご注意を!


絶えず問われる倫理観

物語はルポライター朝倉美和と、介護士小柳恭平の視点で進んでいきます。




高齢者の社会からの切り捨て、安楽死を否定したいが介護業界の実情を知り、自身の考えに自信を失いつつあるルポライター美和



高齢者の死の支援こそが慈悲であると信じるが、高齢者の大量虐殺を企てる過激な思想をもつ男に出会い迷いが生じてくる恭平



そんな2人の葛藤を描くことで、読者の頭も悩ませます。



直視したくない現実

恐らくこの小説は実際にあった2つの事件が元になっていると思います。



1つは川崎老人ホーム殺人事件



もう1つは相模原障害者施設殺傷事件



どちらも衝撃的な事件でした。



しかし、著者は悲惨の一言で終わらさず、裏に潜む介護業界の実態を読者に突きつけます。



介護は専門性も高く重労働ですが、待遇も未だ良くなく、介護士の社会的地位も仕事内容に比して決して高くありません。



離職率も高く、慢性的な人手不足で現場の介護士だけではサービスの低下を食い止めることはできません。



また、介護資源も有限なものなので、増える一方の高齢者に十分に分配できません。



そんな現状を今のままでいいと医師の黒原は恭平に囁きます。



優秀な人材を生産性のない介護業界に回したところでなにも生まない、それどころか国力を削いでしまう。高齢者自身にとっても不幸な延命などせずすっぱり命を断てるようにするべきだ、と。



黒原は“知的強靭さ”という言葉で、小柳を諭します



知的強靭ささえあれば、誰が非難しようと矜持をもって生きていける



高齢者の死を支援する小柳の支えとなる思想を吹き込みます。




黒原の言葉は一見甘言です。




非常に合理的で解を断言する姿は、魅力的です。



しかし、合理性のみを追求する社会の行く末には何があるのでしょう?



いずれは誰もが

介護問題は決して人ごとではありません。



自分の親や兄弟の介護が必要になるかもしれないし



自分自身もいつかは必ず老います。




安楽死は安易に決めていいことではないけど、議論はすべきだと思います。



24時間介護が必要というのは想像以上に過酷なことです。



介護経験者でないとわからない実情はたくさんあります。



自分のこととして考え、どうすればいいのか考え続ける必要があるのだと思います。



決して明るい話ではありませんが、考えるきっかけになる一冊だと思います。



介護士K
久坂部 羊
2018-11-29




ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング

ギャラリー
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • はーたん's キッチン~クリスマスクッキー~
  • 特技は・・・
  • 嬉しいプレゼント
  • ショッキーン!
  • ショッキーン!
  • 心がポカポカする
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード