結婚式のレポートを書いたホームページ『同性婚の始め方』のリンクです!ぜひこちらのバナーからご覧ください(^^)





はいさーい!はーたんです!



カミングアウトの件、テレビに出演した件以来、母とは連絡を取らずにいました。




ある朝に、母から何十件と着信がありました。LINEも来ており『お父さんが入院しました。手術するのですぐに来てください。』とのことでした。




はーたんがカミングアウトしたことは、父や兄は知りません。母も知らない方がよいと言わないと言ってました。





すぐに、父が入院した病院に向かいました。
胃潰瘍でした。数日前から発熱と下血があったみたいですが、父は無理して仕事をしていたそうです。




医師から母と一緒に説明を聞いて手術の承諾書にサインしました。



仕事柄、術後の流れや経過はある程度の予想はついたので母に説明しました。母は、少し動揺していました。



手術を待っているときに母から

母『来ないと思ってた。お兄ちゃんも仕事で遠方に行ってるから来れないって言われたの。ありがとうね。』



はーたん『だって自分の親が倒れたんだよ。そりゃ何があっても行くでしょ。それに前にも言ったけど、はーたんは変わらないよ。どこにいてもお母さんたちのことを気にかけてるからね。お母さんも無理しないでね。』




母『そうだよね。ありがとう。』






父の手術も無事に終わり、目が覚めた父に『頑張ったね。ゆっくり休んでね。また、来るからね。』と一言声をかけて帰りました。







昔は父によく怒鳴られて怖かったけど、今はこんなに弱々しくみえるなんてとても切なくなりました。





帰りの電車で母からLINEがきました。




母『今日は本当にありがとうね。お父さんもありがとうだって。あんたは、昔のまま変わらず優しい子だよ。これからは、タカさんと仲良く暮らすんだよ。今度また、お母さんにもちゃんとタカさんを紹介してね。たまには、家にも帰ってきなさい。』







母が認めてくれた瞬間でした。とても嬉しかったです。







父や兄にはまだ言わないでおこうね。と母に言われましたが、母が認めてくれただけでも充分でした。




すぐにタカにも報告して『良かったじゃん。安心したよ。』と言ってくれました。





家族に言えず辛い時期もあったし、カミングアウトしてからも、家族との関係がくずれて正直、タカの家族が羨ましいと思いました。




だけど、自分の両親は世界で1人ずつしかいません。きっと、愛情とか人に優しくできるのは両親からいっぱい愛情を受けたからだと思います。




はーたんもいつか、親になれたらたくさんの愛情を子どもには注いであげたいです。



ちなみに、父は術後2日で起き上がれてました。


Point Blur_20180615_195447








つづく・・・・・・・・・・・・



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング