結婚式のレポートを書いたホームページ『同性婚の始め方』のリンクです!ぜひこちらのバナーからご覧ください(^^)





はいさーい!はーたんです!



昨日、番組をご覧いただきましてありがとうございます‼後日、ブログでも動画をアップできたらしていきますね!




昨日の続きなんですが、まさかのタカからプロポーズを受け、最高に嬉しかったです。





その瞬間に、誰にも隠さずありのままで彼と生きていこう。と決意しました。




ゲイであることを周りにカミングアウトをしても、別にはーたんが変わるわけではありません。





カミングアウトして、相手がそれを受け入れるか受け入れられないかだと思います。






タカにも家族や友人にカミングアウトすることを決意したことを打ち明けると






タカから『もし、カミングアウトして受け入れられなくてもしかたないよ。特に家族はね。理解するに時間はいるし、理解できない人もいるからね。』と言われました。





きっとタカと出会わなかったらカミングアウトするなんて決めなかったと思います。




今はタカと生きていくと決めたから。



この人を生涯をかけて幸せにするって決めたから。









最初にカミングアウトしたのは、幼馴染の女友だちでした。保育園、中学、高校と一緒でした。



普通に行きつけのご飯やさんで、楽しく会話してましたが、なんて、切り出したらいいか分かりませんでした。





ずっと頭の中でカミングアウトしてこの関係が崩れたらどうしよう。ってことばかり考えてドキドキしてました。w







でも、カミングアウトして嫌われたらそれまでの関係だったってことで諦めようと思い踏ん切りをつけカミングアウトしました。




はーたん『実はずっと昔から男の人が好きだったんだよね。』と一言つぶやいたら、


幼馴染から『だと思ってたよ。なんか、そんな感じしてたんだよね。ずっと彼女をいなかったし。』と言われほっとしたのを覚えています。





はーたん『嫌われたらどうしようかと悩んでたから。』


幼馴染『そんなことで、嫌いにならいよ。もっと早く言ってくれたら相談にのったのに。辛かったね。』


と言われた瞬間、涙腺が緩み泣いてしまいました
なんか、小さいときから我慢していたものが全部出た気がしました。


あの時は、本当に受け入れてくれた嬉しさと我慢していた過去の記憶 が溢れでた感じで訳がわからなかったです。でも、本当に嬉しかったです。


つづく・・・・・






タカと最初の1ヶ月記念日の写真ですw
タカの部屋の飾り付けてケーキ買って待っていましたwww
1年間毎月お祝いしてましたwww

DSC_0959

決まってコージーコーナーのケーキを買ってました。
DSC_0968





ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング