こんばんは、たかです!


先日文春の記事にこんな記事がありました





東京女子医科大学病院はなんと、職員への夏季ボーナスがゼロ、全額カットとのこと


コロナ禍で厳しい状況の中、懸命に働く医療者へこのような仕打ちがあっていいのでしょうか


確かにどの医療機関も介護施設もコロナの影響で経営状況が悪化し、多くのところがボーナスカットをしている傾向です


しかし、全額カットとはあまりにもひどすぎます


さらに僕が強い憤りを感じたのが、東京女子医大労働組合の組合報に載っていた、団体交渉での大学当局の発言です





看護師の退職希望者が400名を超えることに対しての意見を組合側が質問したときの大学側の回答が


『足りなければ補充するしかない』


『現在はベッド稼動率が落ちているので、仮に400名が辞めても何とか回るのでは?』


『最終的にベッド数に見合った看護師を補充すれば良いこと』


看護師400人をただの数字としか捉えていない発言です


仕事を辞めるというのは大きな決断です


1人1人の人生が大きな影響を受けるというのに経営者サイドは、そんなこと微塵も気にしていないようです


そんな組織のために誰が貢献したいと思うでしょうか


人の生命に関わる仕事だから、看護師には責任感が強く人の役に立ちたいと思っている人が多いです


そんか尊い思いを顧みない経営層の指揮する病院が良い医療を提供できるわけがありません


東京女子医大に知り合いがいるわけではないのですが、他人事に思えないです


職員を大切にする組織とそうじゃない組織ではほんとに大きな差がでると思います


きっとこんな理不尽な仕打ちをされても、使命感に動かされ日々働いている職員の方もいらっしゃると思います


どうかそんな方々のためにも、東京女子医大の経営層の人たちには今一度自分たちの決断が本当に正しかったのか検討していただきたいです


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング