はいさい!はーたんです。



母とまた口喧嘩をしてしまいました



僕たちが子どもをもつことに反対をされました。



子どもを授かることが正しいとか間違っているとか、僕は思いません。





子育てを希望するなら責任と愛情を持って共に子も親も成長をしていければいいと思っています。




ゲイが子どもをもつなんてエゴでしかない。

子どもがかわいそうだ。不幸になる。

二人で暮らしていればいいでしょ。

子どもが惨めになるだけよ。




散々、一部の人から言われ続けてきた言葉です。



僕の母も子どもをもつことには反対しています。



最初はショックでしたが最近は流すようになりました。


母には『これが普通の夫婦なら祝福されるのにね。望まれない命なんだね。』って返しています。




僕たちは、望んで子どもを授かりたいと願っています。





僕たちゲイには、『予定外の妊娠』はあり得ません。



僕とタカは結婚し、子どもを授かりたいと思っています。それが僕たちの幸せの選択だと思うからです。


結婚=絶対幸せ

    カミングアウト=絶対幸せ

子ども=絶対幸せ

とは、考えていません。


結婚しなくても、自分らしく幸せに生活をしている人はいるし、カミングアウトをして逆に辛い思いをした人もいます。子どもがいなくても幸せに暮らしてる人もいます。





幸せは人それぞれだし、自分の価値観に当てはめて他人の幸せを否定することは悲しいと思います。



この議論をすると『殺人に快楽を感じる人や痴漢をする人、不倫など本人が幸せならやっていいんですね!』って言う人がいますが飛躍した話はやめてください。




僕は幸せの選択について書いています。



タカと結婚式をあげようと思ったときによく質問されたのが『どうして彼と結婚式をしようと思ったの?』でした笑




普通なら『結婚の決め手は?プロポーズの言葉は?』とかだと思うのに、まさかの結婚式の理由を聞かれるとは思ってもみなかったことでした。


結婚式の理由って大前提に結婚式をしたいからの他になんかあるかな?




今でもゲイは差別的な扱いはあるし、それをブログに書くと『被害者づらするな!』ってコメントされることもあります。





ゲイだからなんなのよ。ノンケだからなんなのよ。ゲイだってノンケだって赤い血が体全身を巡っているし、同じように老いてくし、同じように働いて税金だって納めてるのよ。




僕はゲイだからって過激に自由の権利を叫んだりしない。



むやみやたらにカミングアウトと叫ばない。



このブログをみている人にゲイがみんな同じだとは思ってほしくない。カミングアウトしないゲイや同性婚に反対のゲイもいます。それが全て悪いことではないのです。




ゲイにも色々な考え方を持っている人がいます。



沖縄の言葉に『ぬちぐすい(命の薬)』ってあります。



昔、大好きなおばぁが教えてくれた言葉です。


美味しく食事をすればぬちぐすい

家族と楽しく暮らせばぬちぐすい

愛情を注げばぬちぐすい



心から幸せって思ったり、癒しなどを指す言葉です。(*僕なりの解釈です)



人が幸せに生きられるのはこのぬちぐすいがあるからだと思っています。



僕はタカと一緒にいることがぬちぐすいなんです。


彼と出会って、人が人を思いやる気持ち、愛情の深さや幸せへの探求など今まで気づけない気持ちに気づくことができました。






なぜ、自分は自分として生まれてきたのか。




その答えはまだ見つかりそうにないですが、人を愛せるってことは、どんなことよりも素敵なことなんだなって気づきました。




それでは


ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング