湊かなえさんの青春小説?

湊かなえさん、といえばいい意味で後味の悪い(矛盾してますねw)ミステリーが作風だと思うんですが、本書ブロードキャストは高校男子が主人公の青春小説です。湊かなえさんの書く青春小説、どんな話しなのかとワクワクしながら読ませていただきました


こんな人におすすめ!

  • 爽やかな青春小説が読みたいひと
  • 放送部に興味がある
  • 前向きになりたい人

あらすじ

中学の学生生活を陸上部の駅伝に注ぎ込んでいた町田圭祐は、同じ陸上部の駅伝のエース良太に鼓舞され、強豪校の私立青海学院を受験する。しかし、合格発表の帰り道交通事故に遭い陸上は続けられなくなってしまう。青海学院に入学したが、目標を失い気まずさから良太とも疎遠になる圭祐。そんなとき、同じ中学出身でラジオドラマの脚本家を目指す正也から声に"一耳ぼれ"され放送部に誘われる。圭祐は希望失いながらも新しい放送の世界に魅力され、正也とクラスで孤立している女子久米さんと放送部の先輩たちと共にJコンを目指しラジオドラマ作りを始めていく。


熱中している人はかっこいい!

運動部から文化部へと入った圭祐は、陸上ができなくなった絶望と葛藤しながら学生生活を送り始めます。なんせ、それを目標に受験勉強も頑張ってきたのですから、挫折感は計り知れないでしょう。でも、圭祐は勢いに任せてる感はありますが、放送という新しい世界にハマっていきます。
物事に熱中する姿勢は、中学時代の真剣に部活に打ち込んだ経験が培ったものと本人の気質のものだと思います。もともと、駅伝も短距離希望だったのに駅伝に選考されたことから始めています。圭祐は、きっかけはなんであれやっていることに真剣に取り組む性格のようです。

真剣に取り組み、反省と改善を繰り返すことは大人になって社会になっても必要になる姿勢です。
運動部であれ文化部であれアルバイトであれ、全力で打ち込んでいる人はかっこいい。自分自身もそうありたいし、自分の子どもにも(子どもがいたとしたら笑)なんでもいいから熱中して取り組めることを見つけて欲しいと思います!


挫折をどう乗り越えるか

誰しも少なかれ、挫折は経験しているものだと思います。
大事なのは、それをどう乗り越えるか。どんな選択をしてもいいと僕は思います。同じ道を続けてもいいし、別の世界に飛び込んでみてもいい。正しい正解などどこにもないのですから。
圭祐は、新しい世界へ飛び込み自分の居場所を見つけることができました。
でも、もしかしたらそこに楽しさを見出せなかったかもしれない。そしたら、また新しい世界を見つければいい。要は挫折を乗り越えるには、どんどん挑戦していくしかないのだと思うんです。
心が強い人って総じて、未来でも過去でもなく全力で現在を生きている人なんじゃないでしょうか?
そんな人になりたいものです( ̄ー ̄)


FullSizeRender






ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




ブロードキャスト
湊 かなえ
2018-08-23