160回直木賞受賞作の宝島



第160回直木賞受賞 宝島






一言




凄く面白かったです!



久しぶりに胸が熱くなる小説読みました!




ハヤトくんの故郷である沖縄が舞台ということもあって、沖縄のことも少し知れて勉強にもなりました



戦果アギヤー達の物語



物語の舞台は1952年か1972年の沖縄本島



米軍から物資を盗み島民たちに分け与える戦果アギヤー(戦果をあげるものという意味)の英雄オンちゃんと、その親友のグスク、弟のレイ、恋人のヤマコの3人を中心に話は進んでいきます



米軍基地への侵入が失敗し、それ以降オンちゃんは行方知れずとなり、英雄を失った3人はオンちゃんの生存を信じながら、それぞれの思いを抱き大人へと成長していきます



基地があるということ


アメリカ占領下の沖縄、そういう時代があったことは知っていたけど



当時の住民の苦悩や具体的に何があったのかはあまり知りませんでした



米軍の兵が島民を事故で轢殺しても沖縄の司法で裁けず軽い罰ですまされたり



たくさんの女性が性的暴行を受けたり



米軍の飛行機がいつ落ちてくるかもしれない恐怖を抱えていたり



基地があることで一体何が住民を苦しめてきたのか、その苦悩と葛藤がよく描かれていました。



日本ではあるけど、その苦悩を同じ日本人として真に共有することは難しいのかもしれません



2つの大国に翻弄され、様々な思惑が交差する島



今なお要衝の地として揺れる島



同じ日本人としてどこまで問題を共有できるか



その観点を忘れてはいけないのだと思いました。


胸熱くなる冒険小説


本書宝島は沖縄で破竹の勢いで売れて、品切れする書店もあるとか



明るい話ばかりではないですが、ティーンエイジャーたちが道を切り開いていく冒険小説が底流にはあるように思います



自然と胸が熱くなり、夢中で読んでしまいました。



直木賞受賞も納得の一冊でした(^O^)



ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング