今日の本はこちら!


骸の爪 (幻冬舎文庫)




道尾秀介さんの骸の爪



本屋の書棚の前で目を瞑って適当にえいっ!と取ったのがこちらの小説でした



裏表紙のあらすじを読むと何やらホラー小説っぽい



わくわくしてページを捲っていくと



ホラーというよりはミステリー小説でした



でもいい意味でかなり裏切られて、面白く読めました!



こちらシリーズものみたいで、シリーズの第二作のようでしたが前作を読んでいなくてもさくさく読むことができました



こんな人におすすめ!

・ミステリーが好きな人
・どんでん返しが好きな人
・仏像に興味がある人



あらすじ

ホラー小説家の道尾は、友人の披露宴の帰り新婦の知人の仏師がいる仏所の瑞祥房を訪ねる。仏師が作った荘厳な仏像に魅入られた道尾は、その夜不可解な現象を体験する。霊現象探究家の真備とその助手凛と共に再び瑞祥房を訪れた道尾は、仏像に纏わる事件に巻き込まれていくことに・・・




知識がなくても楽しめる!


仏像、というよりも仏教の知識ほとんど皆無だったので凄く勉強になりました!



果たして霊の仕業なのか人間の仕業なのか・・・


推理しながら読んでみると面白いですよー







ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング