結婚式のレポートを書いたホームページ『同性婚の始め方』のリンクです!ぜひこちらのバナーからご覧ください(^^)




はいさーい!はーたんです!



今朝は曇りで少し蒸していましたが、そこまで暑さは気にならない天気でした。




タカもブログで書いてましたが、はーたんたちは昨日、こどまっぷと言う子どもを授かりたいLGBTの人のコミュニティに参加してきました。




参加するまでは、どんな人が来てるんだろう?他にもゲイカップルはいるのかな?とか場違いだったらどうしようとか考えてました。





初めて行く場所だし、みなさんとお近づきになれたらと思い、サーターアンダギーを作って持っていきました!



いざ参加してみると、とっても勉強になることだらけで、自分の考えが浅かったことや子育てに対して色んな人がいて、考え方は様々なことを学びました。




運営スタッフの方もみなさん話しやすく相談にも乗ってもらえてとても助かりました。
(*^^*)




参加してる人の中には、お子さんを連れてきてる人や妊活中の人なども参加してました。ビアンカップルで子育てしてる人もいれば、シングルで子育てしたいって人もいて、家族の形って様々なこと改めて気づかされました。



1番はーたんが学んだことは、妊活して子育てしてる人の話しでした。



『自分たちは、健康であればすぐに妊娠できると思っているけど、なかなか着床しない方が多いんですよ。毎月毎月排卵日を確認して精子を体内に注入する。



また、できなかった。。。って落胆する。


妊活中は辛いことの方が多かったかもしれません。』



って話にとても強い思いを感じました。



実際に体験した人から聞くと他人事ではないと感じました。



精子提供する男性も毎月毎月精子を届けるのが辛くなり妊活を挫折する人もいる事実を知りました。


女性が 妊活をする場合は

①知人の男性から精子を提供してもらう方法


②精子バンクを活用する方



があるそうです。運営スタッフさんが話してましたが、精子バンクを利用して行う方法は、一回数十万の費用がかかる上に、排卵日に当てて精子の注入するタイミングの難しさがあるそうです。





漠然と知っていたことで、こうしてちゃんと人から聞くとほんとに命の尊さを感じました。






つづく・・・・





ランキング参加中です!
励みになりますので、よろしければ下の写真をクリックして応援宜しくお願いします(^^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

セクシャルマイノリティランキング